地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、富山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

富山の地域情報サイト「まいぷれ」

禅 ~坐禅とピラティスの巻~

禅 ~坐禅とピラティスの巻~
最近、「禅」や「マインドフルネス」という言葉をよく見聞きしませんか?
元々は仏教を起源とした言葉ですが、近年それが宗教という枠を越え、ビジネスや医療など様々なフィールドで活用されているからでしょう。海外では既に「Zen」や「Mindfulness」として認知され、集中力やリラックス効果が脳科学的にも証明されています。

ただ禅の本質からするとこれらは結果であり、本来は物事の真実の姿、あり方を見極め、正しく対応していく心のはたらきを調えることを指します。これを体得するのが坐禅というわけです。

今回のTOYAMA TABLEでは、この坐禅を、富山でも由緒あるお寺の一つ、最勝寺で体感してもらいます!
一休さんも立ち寄ったと言われる、1197年創建の歴史ある禅寺です。
木造の本堂は、なんとも荘厳な空気を感じられる空間です。そんな本堂で体験してもらうもう一つがピラティス。

ピラティスは体幹を意識するような運動です。
今回は特に深い呼吸や正しい姿勢を無意識でできるようにするための特別メニューを用意してもらいました。
坐禅初体験の人にもできるだけ効果を感じてもらおう、という意図からです。

また最後には今回のゲストを交えてのフリートークの場を設けてあります。
なかなか分かりにくい禅のことだったり、ピラティスの効果だったりを存分に聞いてください!
もちろんTOYAMA TABLEですので、お茶とお菓子も用意します。お茶に関しては禅を考慮した和漢の特別ブレンドになり、特に女性に嬉しい効能のお茶になります。
最後までお楽しみください!

この企画、次回の禅スタイルディナー「行鉢」にもつながります。
これは鎌倉時代から続く禅の食事修行です。随所に禅を感じられたり、器にシンプルで合理的な組食器を使ったりと、普段と全く異なる食事を経験することになるはずです。

お時間の許す方は、ぜひ両方の回への参加がお薦めです。
富山だけでなく、自分の再発見にもつながるはずです!



【内容】
(1)禅のお話と坐禅
(2)ピラティス 
(3)座談会(和漢茶、お菓子付)

【ゲスト紹介】
■最勝寺和尚 谷内良徹さん
禅僧。曹洞宗僧侶として富山市蜷川の最勝寺を拠点に「禅」を発信。鎌倉時代から続く禅寺を護持しつつ、ヨガ坐禅や行鉢などを主催。他にも神仏かふぇや禅坊主barなど、様々な斬新かつユニークなイベントを仕掛ける。

■ピラティスインストラクター 長森智美さん
幼少の頃からのモダンバレエ、ジャズダンスを経てインストラクターへ。ニューヨーク、東京と拠点を移しながら、ヨガとピラティスを深く学んでいく。帰郷後はピラティスのインストラクターとして、富山の生活習慣や女性の身体に特化したメニュー考案、多種のダンサーの怪我後のフォローアップなど、国内外で得た幅広い知見を地元富山の人に応じた形でピラティスを伝えている。

■高橋太郎さん
看護師。富山大学附属病院時代に和漢と出会う。対処療法が主の中、古くから未病、予防医学に取り組んできた和漢に着目し、臨床の場で和漢を学ぶ。現在は、和漢普及のため、県内外で生薬栽培や和漢茶会など、幅広く活動している。
カテゴリスクール、体験
開催日2017年5月20日(土)
14:00~16:30
開催場所曹洞宗 瑞龍山 最勝寺
富山県富山市蜷川377
駐車場に関しましては最勝寺正面、及び裏手の2か所にございますのでご利用ください。
料金3,000円(和漢茶、お菓子付)
定員20名程度
申込方法1)Facebookのイベントページより参加ボタンを押してください。
2)氏名、連絡先、参加人数をご記入の上、toyama.table@gmail.comまでお送りください。
Facebookページhttps://www.facebook.com/toyamatable/
お問い合わせ先TOYAMA TABLE
TEL:070-6436-0416
toyama.table@gmail.com

地図アプリで見る

こちらのイベントもおすすめ