地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、富山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

富山の地域情報サイト「まいぷれ」

アジャンタスパイスの(秘)レシピ

陶芸作家の器で楽しむスパイス料理教室&ランチ 

2016.4.22日「器さろん恵」にて国内外の陶芸家作(食器)に季節のスパイス料理を盛り付け心豊かに楽しむ!

マレーシアン(アジャンタ流)
ココナッツミルクシーフードカリー(厚揚げ、そら豆ペースト入り)の作り方
1)鍋に油を温めニンニク、生姜、マスタードホール、シナモンホール、カルダモンホール、クローブホール、ローリエ、カイエンペッパーホールを入れて香を出します。
2)玉ねぎミジンを加えて飴色に炒めます。
3)フェネグリークホールを加え香を出します。
※マレーシアでは、やはり油は、パーム油でマスタードは、ブラックマスタードです。
 生姜は、シーフードの味をいかす為に大きく切ります。
下茹でしたそら豆とココナッツミルクに水を加えミキサーでペーストにします。
※そら豆は、さやから取り出し薄皮の茶色部分に切れ目を入れて2分程茹で薄皮を取ります。


【A】MIXスパイスを準備します。
・コリアンダー大さじ1
・クミン:大さじ1/2
・ターメリック:大さじ1/2
・カイエンペッパー:大さじ1/2


渡り蟹とエビを炒めます。


表面が赤くなれば火を消して蓋をします。
※ここで完全に焼くとカリーに加えた時に硬くなります。蓋をして蒸し焼きにして香を閉じ込めます。
1)飴色に炒めた玉ねぎに【A】のMIXスパイスを加えて炒め合わせます。
2)そら豆入りココナッツミルクと適宜に水を加えて煮立て塩で味を調えます。
※煮込み時間が長いとココナッツミルクの風味を損ないます。
 カリーにとろみを付ける場合は、1)で小麦粉を加えます。


蒸し焼きにしたシーフードを加え弱火にかけます。


食べやすい大きさに切った厚揚げに塩コショーで下味を付け【A】のスパイスで炒めます。


厚揚げを鍋に加え塩で味を調えます。


マサラスパイスを加えて香のバランスを整えて出来上がりです。
慣れれば意外と簡単に作られるカリーです。
マレーシアンカリーは、北陸では珍しく提供店も聞かないので是非チャレンジして頂きたいカリーです。
※お気軽にお問合せ下さい。

フライパンにバターを温めベーコン、じゃがいも、南瓜の順に炒め合わせます。
※じゃがいもは、柔らかくなるのに時間がかかるので焼き目が付くまで焼いてから南瓜を加えて炒め合わせます。
ひよこ豆の水煮缶を煮汁ごと加えて煮込みます。
食材が柔らかくなれば、
エゴマカレースパイス(すこやか甘口)を適量加えてとろみが出るまで煮込み出来上がりです。

1)フライパンでベーコンを中火で炒め油を出します。
2)筋を取り、下茹でしたスナップエンドウを炒め合わせます。
3)塩コショーで味を調えハーブオイルで香を付けて出来上がりです。

≪ドレッシング≫
ボールにマヨネーズとプレーンヨーグルトを同量混ぜ合わせハーブオイルと塩コショーで味を調えて作ります。


Message:
2016年4月22日に 「 器さろん恵 」 にてレクチャーしながら調理しました。
また、陶芸作家の新作や(スパイス料理と健康)について談笑を交えてランチを楽しみました。  
・掲載内容に対する質問やご意見を承ります。
・レシピは、後日紹介します。

 アジャンタスパイスは、スパイス料理教室、調理レクチャー、ケータリングサービスを行っています。お気軽にお問合せ下さい。

次回の「器さろん恵の創作スパイス料理教室&ランチ」は6月24日です。
料理課題はリクエストがあった(ティッカ マサラ カリー英国王室風)の作り方を紹介します。

※スパイスの事ならお気軽にお問合せ下さい。 
 アジャンタスパイス 090-5687-2783(石崎)

2016/05/09