地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、富山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

富山の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

企画展「佐藤助庵の数寄―佐藤コレクションより」

 富山市佐藤記念美術館のニュース

企画展「佐藤助庵の数寄ー佐藤コレクションより」「企画展「佐藤助庵の数寄―佐藤コレクションより」」

企画展「佐藤助庵の数寄ー佐藤コレクションより」

当館の設立者である佐藤助庵(12代目助九郎、1896-1979)は、富山県の政財界で腕を振るった実力者でしたが、一方では、茶の湯などの風流事を愛した数寄者でもありました。

一期一会となる茶の湯の場において、床の間はその日のテーマを表す重要な役割を果たします。助庵もまた主役に据える掛物をはじめ、茶の湯に用いる道具を自らの眼で選び、蒐集しました。

晩年には、窯を築いて作陶に情熱を傾け、自ら土を捏ね、好みのかたちを探求しています。
そして、助庵は趣向をこらした茶の湯を通して、多彩な人々との交流をもちました。
中でも、戦後に電気事業を民営化へと牽引した実業家で、近代を代表する茶人の一人である松永安左エ門(号 耳庵)を師と敬い、「助庵」の号を授かっています。
 
佐藤コレクションには、助庵の茶席を飾った品々や幅広い交流を物語る品々が、残されています。
その中から本展では、優雅な筆で和歌を書写した歌切や、消息とよばれる手紙、花鳥画などの掛物のほか、屏風や漆工品、さらには助庵自作のやきものを交えた約60点に光をあてます。
 
佐藤助庵が築いた数寄の世界をどうぞご堪能ください。


会期:令和元年12月7日(土)~令和2年2月2日(日)
休館日:12月16日(月)・12月28日(土)~1月4日(月)
開館時間:午前9時~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
観覧料:大人210円 高校生以下無料

カテゴリ

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。